SES営業の歩き方

SES営業のざったなお話をチラホラしてます(´・ω・`)

ネットワークエンジニアとは?

ネットワーク

今回はネットワークエンジニアのお仕事について調べてみました。本記事ではネットワークを以下「NW」と表記しますのでお含みおきいただけますと幸いです。

開発でもなく、ヘルプデスクもなく、ITインフラのお仕事です。そのインフラの中でもサーバーとNWとよく聞くと思います。今回はNWをあれこれするお仕事についてご紹介していきます。

NWエンジニアのお仕事

作業の工程別にご紹介します。

そもそもNWとは

2台以上のコンピュータや情報機器が、データをやりとりできるようになる通信環境のことを指します。「ネットに繋ぐ」をイメージすると分かりやすいです。

PCを購入しても、そのままだとネットサーフィンはできないですよね。Wi-Fiなどの回線につなげてはじめて、ネットが使えるようになります。そのネットにアクセスできる状態にする環境をネットワークと言うのです。

NW設計

NW環境をつくるのに、必要なものを洗い出したり、決めたりするお仕事です。NW機器の種類や数、使用する回線などを決めていきます。初期費用やランニングコストの見積もり、作業スケジュールや工数の見積もりなども行います。

NW構築

設計に基づいて、実際に環境をつくっていくフェーズです。機器の設置や、設定を行ったりします。一通り終えたら、テストをして運用に入っていきます。

NW運用保守

NWシステムを維持していくために、必要な管理をするお仕事です。機械が壊れたら交換したり、状況に合わせれ機器の設定を変更したりします。

NWエンジニアの資格

NWエンジニアになりたい人は、下記の資格がオススメです。

基本情報技術者試験

ITエンジニアの登竜門と言われる国家資格です。

基本情報技術者試験とはIPAが開催する国家資格、情報処理技術者試験のひとつであり、IT関連の業界ではしばしば求められることがある資格です。
システム構築やネットワーク、セキュリティといったIT全般に関することを問われ、特にプログラミングは必修のため避けて通れない道となっています。
基本情報技術者試験とはどんな資格?試験日や難易度、勉強時間や合格率など | 資格のいろは

ネットワークスペシャリスト試験

この資格があれば、一人前のNWエンジニアであることを証明できます。目的に合わせて大規模なNW構築から運用まで対応できるエンジニアを目指す人にオススメです。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:ネットワークスペシャリスト試験

CCNA

Cisco Certified Network Associate(シスコ・サーティファイド・ネットワーク・アソシエイト)の略で、NW関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施する、NWエンジニアの技能を認定する資格です。

シスコ技術者認定資格は5段階あり、CCNAは下か2つ目のグレードです。更新性の資格で、何もしなければ3年で失効してしまいます。

同社の主力商品であるCiscoルータ、Catalystスイッチに関する技術力の証明となるだけでなく、TCP/IPなどの基礎的なネットワーク技術を持つことの証明にもなります。
CCNAとはどんな資格?難易度から気になる受験料までまとめました | サービス | プロエンジニア

まとめ

NWのお仕事は、サーバのお仕事に比べ今は少ないです。大規模の構築は一通り終わったので中規模くらいの案件がちらほらあるイメージです。とはいえ、NW構築からできるエンジニアは少ないので、お仕事のチャンスもあります。 ただ、NW一本だと難しいのでサーバのお仕事も両方できるとベターです。

以上、NWエンジニアの調査結果でした。 それでは。