水商売からIT企業にいった人のラクガキ

SES営業のざったなお話をチラホラしてます。

情報整理のコツ

情報は気がつくと、溜まっていきます。今の時代、溜まらない方が不思議です。そこで溜まっていく情報をどう整理したらいいか悩んでる人に向けて、自分が行っているシンプルな方法をお伝えします。

だれかの手助けになれば幸いです。

 

まず、整理整頓のコツは捨てることです。なので不要な情報はできる限り捨てましょう。ただ管理する情報は捨てられないものも沢山ありますよね。ビッグデータだ、なんだと言われるこの時代は、捨てることの出来ない大量の情報をどう管理するかかで、仕事の良し悪しはかわってきます。

 

情報の固まりをデータとします。データには名前が必要です。名前のつけ方がバラバラだとソートしても分かりません。ぱっと見の印象が悪いです。印象が悪いとそのボックスを開きたくなくなります。すると破綻するのです。

 

ポイント→データには名前をつける

 

データに名前をつけたあとは、命名規則の統一です。統一されることで、見やすくなります。それでも一定量を超えるとボックス内は見にくくなります。そのときは、グルーピングしましょう。カテゴリ別にボックスを作って小分けにするのです。そうすることでデータは取り出しやすくなります。

 

ここで注意が必要です。小分けにしすぎても取り出しにくくなります。まとまったボリュームになって始めて、パックにするのてす。

 

以上、情報整理のちょっとしたコツでした。