水商売からIT企業にいった人のラクガキ

SES営業のざったなお話をチラホラしてます。

中級レベルにスキルを上げる方法

初級者が中級者になるには、ひらすら実践することです。

スキルは「努力」と「センス」で磨かれます。 努力は頑張ればなんとかなるものですが、 センスは頑張っても埋められないものです。

なので、努力で中級レベルには上がります。 上級者になるには自分のセンス次第ですので、 なれなかったら、そこまで適正がなかったのだと思いましょう。

あなたのフィールドには、別の場所にあるということです。

中級者になるには、努力することです。 努力とは理論を学びひたすら実践することです。 平たく言えば、沢山行動することです。

行動しない理由をつくるのがとても得意な人がいますが ゴチャゴチャ大層な理屈ごねるより、 一回やって失敗したり恥かいたりした方が情報量は圧倒的に多いです。

理屈ばかりで行動しない人、遅い人は能無しの口叩きと 言われてしまうので気をつけたいですよね。

サッカーなら理論ばかり先に学んで、 全然ボール触らなかったら上達しないのと一緒です。 キャプテン翼のように、まずボールと友達になるのが先です。

うまくないから、レベルが低いから試合に出ない選手より それでも、試合に出た人の方が成長が早いです。 実践で揉まれるのが、成長の近道だからです。

会社でもそう、考えあぐねる時間が長くて アウトプットが全然出てこない人は仕事ができない人です。

なんでもいいから、形にする、発信する、実践する。 それを繰り返して、中級者になるのです。

以上、中級レベルにスキルを上げる方法でした。それでは。