水商売からIT企業にいった人のラクガキ

SES営業のざったなお話をチラホラしてます。

SES営業は文章力を磨け

SES営業は文章力を磨け

f:id:ionazun_19:20180926212325j:plain

文章をスラスラ書けると、人生変わります。公私共に一番行う作業なので、早くできるようになればなるほど、それだけ自分の時間も増えますよね。

今回は実用度MAXの文章において、どう鍛えればいいか、なぜ鍛えるといいのかをかいていきます。ぜひご覧ください。

なぜ文章を鍛えるのか

文章力を鍛えるとメリットしかない

うまい文章、響く文章がかけるだけで、将来安泰。最近は英語と専門分野の掛け合わせで、希少価値出すことが注力されてます。でもまずは日本語を磨くことが大前提だったりします。

刺さる文章と専門性を組み合わせることで、多くの仕事、多くのシチュエーションで効果を発揮します。特にSES営業はメリットしかありません。

■文章の主な用途

  • LINEやメール
  • ブログやメルマガの執筆
  • 議事録や書類などのエビデンス

文章で見える人間性

文章から性格も見えてきます。しっかりしたメールをくれる人は、実際にお会いしていてもしっかりしていることが多いです。ゆるいメールをくれる人はお会いしても、どこかゆるいところがやっぱり垣間見えます。

文章は、鍛えるだけで、顔を合わせずに相手の評価をあげることができる素晴らしいツールなのです。

文章の鍛え方、考え方

文章力のシンプルな鍛え方

文章を鍛えるのはシンプルです。ひたすら書いて、知っている人にレビューしてもらって、作品として出してみる。その繰り返しです。最初は誰かのマネで構いません。構成や言い回しを真似して、書いてみる。

それができたら自分で意識して書いてレビューしてもらう。また知人のいない相手に作品やアウトプットとして書くのが、一番てっとり速いです。

アウトプットとしては、今はSNSがあるのでブログやTwitterが簡単でいいかなと。顔も名前も知らない方からのアクセス数やUU数、リアクションなどあるとテンション上がります。 

もちろんネガティブな反応があるかも知れませんが、それは誰かに評価してもらう時点で避けられないですよね。なので、職場の周りに自分の文章をレビューしてもらいつつ、ひらすら情報発信の習慣を構築するのがベストです。

ライティングを楽しむ

好きこそものの上手なれマインドは、現代でも重要です。人生において魅力的な選択肢が増えているからこそ、一つのことを突き詰める難しさがありますよね。

だからこそ、その難しさというボトルネックを解消するために、思う存分楽しむ。心から好きになることが大事なのです。

単純なメールの作業も、

  • タイムトラッキング
  • 送信量を日々計測して、月別、曜日別に合計値と平均値を出す

この2つを行うだけでも、ちょっと面白くなってきます。

どこにこだわってどう楽しむかは、人それぞれです。ぜひ自分なりの楽しみ方を見つけてみてください。

タイムトラッカーツールは個人的にtoggleがおすすめです。取説がなくてもいじっていればそのうち把握できるほど、分かりやすいので初心者でも使いやすいと思います。

シンプル操作でタイムトラッキングができる!togglの紹介|ferret [フェレット]

 早い駄文より時間を掛けて素敵な文章を

駄文を重ねるよりも、一定水準を保ったアウトプットを出す方が大事です。そのため早く書いた駄文をリリースするくらいなら、一定水準になるまで時間をかけてそれからリリースした方が良いです。

ユーザーはリリースされたそのアウトプットが、途中かどうかは判断できず、その時点での評価を下してしまうからです。なので最低限のクオリティを保った上で定期更新をしていくのが、個人的にはスムーズと考えます。

  

以上。文章鍛えるととってもいいよーというお話でした。それでは!