水商売からIT企業にいった人のラクガキ

SES営業のざったなお話をチラホラしてます。

鼻炎と鼻水を、ざっくり分かるよう調べてみた

f:id:ionazun_19:20180819170545j:plain

鼻炎や花粉症など鼻水、鼻づまりで困っている人は多いですよね。そもそも鼻炎ってなんだろう?というところから、似たような病気を調べました。専門家ではないので、あくまで「こんな感じの病気」と、ふんわりと輪郭部分は入ってくると思いますので、ぜひご覧ください。

鼻の役割

呼吸をする器官の一つです。鼻毛には空気中のチリやホコリなどのゴミを取り込まないようにする、フィルターの機能をもちます。

また匂いを感じる細胞は、鼻の内部の「鼻腔(びくう)」というところにあります。

鼻炎

鼻腔の粘膜が炎症をおこして、腫れる状態のことを指します。急性鼻炎とアレルギー性鼻炎の2つのタイプがあります。鼻水、鼻づまり、くしゃみが主な症状です。

急性鼻炎

急に鼻炎になり、一時的な症状ですぐに治りそうなものを指します。ほとんどの場合、鼻かぜのことが多いです。鼻または喉からバイ菌が入って炎症をおこしている状態です。

アレルギー性鼻炎

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を吸い込むことによって、鼻の粘膜が過敏になったり、腫れたりします。その結果、鼻づまりやくしゃみなどの鼻炎の症状がおこります。

体質からくるものなので、完治は難しいそうです。症状を抑えることは出来るので、でうまく付き合っていくことが必要とのことです。

その他の鼻の病気

副鼻腔炎(ふくびくえん)

蓄膿症(ちくのうしょう)という呼び方もあります。鼻腔の両サイドに空洞があります。それを副鼻腔(ふくびくう)といい、副鼻腔の粘膜に広がって起こる炎症のことを副鼻腔炎といいます。

鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)

鼻中隔とは鼻の穴の仕切りのことをいいます。

その湾曲の度合いがおおきく、それが原因となって鼻血が出やすくなったり、鼻づまりなどの症状がでる場合に診断されます。手術で治療ができます。

 

以上です、いかがでしたでしょうか。なじみのある病気でも、きちんと調べる機会ってない人も多いと思います。振り返るきっかけになれば幸いです。詳細がきになった方は、ぜひ専門家までお問い合わせください。それでは。