水商売からIT企業にいった人のラクガキ

SES営業のざったなお話をチラホラしてます。

インフラ運用とは? / ざっくり解説

f:id:ionazun_19:20180813203452j:plain

インフラエンジニアの初級編、運用監視 / 保守業務についてご紹介いたします。生活の中では、なかなか知る機会のないお仕事の一つですので、興味をもつきっかけになれば幸いです。

インフラの運用業務とは

システムの安全性と安定性を保ち、継続して稼働させることが目的です。24時間365日業務を行う必要があるので、現場やPJごとで様々なシフトがあります。

監視業務と保守業務の2つの業務と、サーバーとネットワークと2つの領域に分かれます。

今回はサーバー運用のお仕事をメインににご紹介していきます。

そもそもサーバーって?

通信をつかった何かしらのサービスを提供してくれるハコです。もっと簡単にいうと、クライアントじゃない方です。

メールするときに使うサーバーはメールサーバー、ファイルの保管するときに使うサーバーはファイルサーバーと言います。

○○をするときのデータの置き場だったり、必要に応じて通信をしてくれたりするものです。表記はサーバーとも書きますし、サーバとも書いてるところもあります。

サーバーは主に4つの種類があります。

  • 共用サーバ
  • 専用サーバ / レンタルサーバー
  • VPS (Virtual Private Server) 
  • パブリッククラウド

詳細は別記事で別途ご紹介します。

サーバー監視業務とは

サーバーが「問題なく稼働しているか?」と、状態を確認するお仕事です。

業務は死活監視とリソース監視、ハードウェア監視などがあります。

死活監視

PINGなどの信号を送信し、正常な応答が一定時間内に返ってくるかどうかを監視することです。

リソース監視

CPUやメモリ、ハードディスク使用率など、サーバの負荷状況を監視します。

ハードウェア監視

サーバやネットワーク機器の物理故障がないかどうかを監視します。

代表的な監視ソフト

日立のJP1やIBMのTivoli、NECのWebSAM、OSSのNagios、Zabbix社のZabbixなどがあります。

 

サーバー保守業務とは

不具合やバグが生じた場合のトラブルに対応する業務です。

現場や企業によりますが主な仕事に下記の作業があります。

  1. 定期的なメンテナンス
  2. セキュリティアップデート
  3. システムの拡張
  4. 故障対応
  5. バックアップ
  6. 復旧作業

 インフラの運用オススメ資格

LPIC(えるぴっく)

Linux技術者の認定資格です。LPI という団体が非営利運営しており、Level1からLevel3までの3段階あります。

なぜLinuxかと言うと日本企業の約7割で導入されており、サーバーの50%以上を占めるほど、多くのPJで使われているからです。

CCNA(しーしーえぬえー)

NW関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施する、NWエンジニアの技能を認定する資格です。

シスコ技術者認定資格は5段階あり、CCNAは下か2つ目のグレードです。更新性の資格で、何もしなければ3年で失効してしまいます。

MCSA(えむしーえすえー)

Microsoftの認定資格です。日本語の正式名称はマイクロソフト認定テクノロジー スペシャリストと言います。

WindowsサーバなどのMS製品のトラブルは対応できるよ!技術的なこと色々知っているよ!と技術的知識をしめす資格です。

 

 以上、いかがでしたでしょうか。

内容がざっくりな分、雰囲気はつかむお役に立てれば幸いです。

それでは!