水商売からIT企業にいった人のラクガキ

SES営業のざったなお話をチラホラしてます。

目標達成するには、工数確保が大事

目標を達成したければ、時間の使い方を考えましょう。まず何かを達成するには、リソースが必要です。リソースは「人員・予算・時間」の3つに分けられます。その中でも、今回は「時間」について書いていきます。

 

Time is moneyというくらい人生において、時間は大切ですし、有限でもあります。その限られた時間でより多くの、または大きな目標を達成するにはどうすればいいでしょうか?それは、必要なリソースを充てることです。

 

お金を用意するのも、人員を用意するのも時間がかかります。だからそ、最初に用意するのは、労力を充てる時間なのです。これを工数の確保と言います。工数システム開発の用語です。システム開発には、個人の目標管理のヒントが散りばめられていますので、ご紹介していきますね。

 

システム開発には、ざっくり右記の工程が存在します。要件の洗い出し→必要な機能と作業を明確化→作業実施→確認と検証の実施→納品。(細かく言うともっと色々あります)

これを個人に置き換えると、目標の洗い出市→必要な作業とベネフィットの明確化→作業実施→定期確認→作業と確認を繰り返し目標達成というフローになります。

 

よくPDCAを回そうと言いますが、まさにそれです。ここで言いたいのは「目標達成に必要な作業をする、時間を確保しよう」。また忙しくて出来ないなら、「どうすれば時間を取れるかを、考えていくといいね」という2点です。

 

皆さんも、ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。それでは!