水商売からIT企業にいった人のラクガキ

SES営業のざったなお話をチラホラしてます。

生産性を上げる時間の使い方

f:id:ionazun_19:20180617184322j:plain

仕事で生産性を上げるには自分のキャパよりタスクをちょっと多めに積むのが理想。多すぎると挫折するし、少なすぎるとダラダラしちゃう。人って適度に緊張していた方が、パフォーマンスはあがります。ちなみに仕事の生産性とは、時間に対してどのくらい成果が出たかということです。またこのことを労働者生産性と言います。

ほどよい緊張感は“目標”ではなく“見通し”から生まれる | プレジデントオンライン

目標と目的を明確にする

アクションを起こしていくにあたり、目標と目的は明確でしょうか。「どのような結果を求めて、なぜソレをするのか」ここがふわふわだと大変です。欲しい結果が明確になれば、タスクの整理ができます。なんとなくやることに意味はありません。

なので、「自分の目標はなんだっけ?」「なぜ、この作業をしているんだっけ?」と定期的に見つめ直すことが大事です。意外と多くないんですよね、目標を声に出して言える人。ルフィのように快活にやりたいことを宣言すると、より強く意識できます。ぜひ試してみて下さい。

休息をしよう

仕事は稼働時間を長くすればいいか?それはNOです。筋肉の超回復と一緒で休まないと人は成長しないのです。集中力にも体力にも限界はあります。しっかり休んでしっかり働きましょう。

稼働するには、健康な体が大事です。健康は人生において一番の資本です。健康維持や体調管理、コンディション調整は出来る限り行いましょう。例えば睡眠は体力の回復だけでなく、ストレス発散、記憶の定着にも効果があるのは、みんな知ってますよね。一番シンプルなのは7時間以上の睡眠時間の確保です。

【So-net公式】「超回復」とは?十分な栄養、休息、睡眠で筋肉の疲労を回復させよう|トレチエ

後回しにするのも大事

ただ仕事やタスクって気が付くと無造作に溜まっていくものなので、調整力が必要。納期と求められる品質を把握して、スケジューリングしましょう。タイムマネジメントの本は腐るほどあるけど、結局実践あるのみです。人によって環境やステージはバラバラだから、自分に合わせた段取りを。システムも同じで、パッケージをそのまま使わずに、カスタマイズして導入していくのが基本ですよね。定期レビューも欠かさずにしましょう。タスク管理ツールはいろいろありますが、個人的にはTODOIST(有料版)がオススメです。

【基本編】スケジュール・タスク管理の大黒柱。万能ツールTodoistの使い方を徹底解説!