SES営業の歩き方

SES営業のざったなお話をチラホラしてます(´・ω・`)

仕事について、徒然なるままに。

1年でガラッとかわりたいなら、他の人の3倍努力しましょう。勘違いしてほしくないのは、努力と苦行はべつものです。苦行はくるしいことだけど、努力は全部が全部くるしいことじゃないと思っています。

楽しい努力もあると思うんですよね。ヘトヘトになるくらい筋トレするのもしんどいけど楽しいし、わけわからんと思いながら始めたプログラミングも気づくと楽しくなってきますよね。

くるしいことも楽しいこともあるのが努力だと僕は思います。

で、他の人より成果を出すには、他の人より努力するこれは当然ですよね。結果を出し続けるのは8割の努力、2割のセンスと感じています。

そして結果がでてないひとのほとんどか努力が不足している人です。会社で環境のせいにして嘆く人の多くは、仕事ができない人です。

環境が悪いと感じて、環境改善に取り組む人は仕事ができる人です。同じ環境でも伸びる人と伸びない人の差は、行動量の差です。

センスとは感性の問題です。感性を養うには、時間がかかります。努力量を補うのは、簡単です。娯楽を削って、頑張るだけです。

知識もスキルもいらない「頑張る」ということが一番最初のお仕事です。頑張りがまわりに見えたら周囲は助けてくれます。最初は頑張ればなんとかなるお仕事を振られます。

頑張るだけじゃクリアできない仕事を振られたら、チャンスです。頑張るだけじゃクリアできない仕事をクリアして、一人前です。

最初は頑張るのが仕事です。頑張ってる人にチャンスは来るのです。見えないところて努力してる人は、ちょっとしたところで努力が見えます。

分かりやすいところで、分かりやすく努力を見せてる人はナンセンスです。「ねぇ見てみて!」と言わんばかりに、プロセスをひけらかすより、さりげなく努力が垣間見えるところに、美学があります。

スキマ時間、移動時間、休日になにをするかで勝負はきまります。資格勉強や持ち帰り仕事をこなすだけでは芸がありません。

平日にできないことをして、スキルを磨くことが大事です。営業で言えば、座学してるだけではダメです。

色々なところに行って、色々な人に出会って、人として深みのある人を目指しましょう。自分の世界観で、人を惹きつけられる人は強いです。

世界観をより築いていくには、体験が必要です。スキルを磨いて、自分の世界観をとおして、価値提供することが営業の仕事かなと思っています。

いおなずんが、今かんがえるお仕事についてでした!

それでは。